VIXX ホンビン、祖母を思いながら涙「いつまで僕の側にいてくれるだろうか」

写真拡大

VIXXのホンビンが祖母のことを話しながら涙をこぼした。

10月31日に韓国で放送されたKBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」では、アルコール依存症の息子が心配だという70歳の母の悩みが公開された。

この日、70歳の母は「息子が離婚してお酒ばかり飲んでいる。本当に死にそうで心配だ。息子の子供たちも私が育てている」と話した。

これに対してMCのチョン・チャヌは「お母さんはどうやってストレスを解消しますか?」と聞き、母は「運動場を回る。妹とお喋りしながら解消する。本当に辛くて逃げたくなるときもあるけど、母だから仕方ない」と答え、視聴者を切なくさせた。

続いてVIXXのケンは「息子さんは仕事はしていますか?」と聞き、母は「お酒ばかり飲んでいるから体調が悪くなり、長く続かない。お給料をもらえないときもある」と伝えた。

すると、その母の息子は「運送業をしていたらストレスがたまるので、お酒を飲まざるを得なくなるのに、母は毎日小言を言っている。僕にもお酒を飲む理由があるから飲む」と言い、非難を浴びた。

腹が立ったMCのチェ・テジュンはその息子に「お母さんを見ていて、何か感じることないんですか?」と聞き、息子は「泣きたくなる。あの年で苦労させるなんて申し訳ない」と答えた。

VIXXのホンビンは「これは問題です。大黒柱じゃないですか? 私は祖母に育てられたので、祖母に対する愛情が大きい。お母さんがこんなに辛い思いをしているのに。僕は『祖母がいつまで僕の側にいてくれるだろうか』という気持ちだ。なので、約束を守ってほしい」とアドバイスしながら涙をこぼした。