31日、近年日本同様に盛り上がりをみせる韓国・ソウルのハロウィーンの今年の賑わいについて、韓国・MBCは「無秩序で見苦しい様子」だったと伝えた。写真はハロウィーンシーズンのソウル・梨泰院。

写真拡大

2016年10月31日、ハロウィーンを迎えた東京・渋谷には仮装した若者などが大勢詰め掛け大混雑となったものの、大きなトラブルはなかったと伝えられている。一方、日本同様に盛り上がりをみせる韓国・ソウルのハロウィーンの今年の賑わいについて、韓国・MBCは「無秩序で見苦しい様子」だったと伝えた。

【その他の写真】

ソウルでハロウィーンが最も盛り上がるのは、古くから外国人が多く暮らす梨泰院(イテウォン)エリア。今年は31日の月曜を前にした週末から街は思い思いの仮装をした若者であふれたが、同時にマナー違反などによる騒動もあちこちで起きた。

メーン通りには違法な路上駐車の列が続き、歩行者は信号無視や無断横断を繰り返す。深夜2時にはクラブで外国人同士がけんかを始めたと通報が入り警察が出動、午前3時を過ぎると、近くの交番にはさまざまな騒動や事件に巻き込まれた人たちが次々と訪れるように。29日土曜の夜から翌日明け方にかけて梨泰院一帯での警察出動件数は120件、普段の週末(60〜70件)の約2倍に上った。

そして人波が去った日曜の午前5時、路上にはあらゆるごみがあふれ、辺りはほとんどごみ捨て場と化していた。この日、梨泰院一帯の路上に捨てられたごみだけで、2.5トントラック21台分に上ったという。

この報道に、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「ごみが通った後にはごみが残される」
「ハロウィーンはいつから韓国の祭りになったんだ?」
「今は国が滅びるかどうかの大変な時なのに。この国はいったいどうなってしまうんだろう?」
「ハロウィーンの意味を知ってて騒いでるのかな…」

「キャンドル集会(大統領の親友の国政介入疑惑などについて徹底究明を訴えるデモ活動)に参加する若者と実に対照的だ。情けない」
「みっともない。一方は国のためにデモをし、一方は酔っ払って騒いでるなんて。同じ20代として恥ずかしくてたまらない」
「米国のものは何でもまねするんだな。それ自体が恥ずかしいよ」

「韓国に入ってきた行事はすべて、ただ飲み食いしてのお祭り騒ぎに変わる」
「さすがにハロウィーンまで取り入れなくてもいいような気がする」
「これが本当の犬や豚たち」
「他国の祭りをなぜ君たちが祝う?それより自分の親の誕生日でもちゃんと祝ってやれよ」(翻訳・編集/吉金)