春本雄二郎監督

写真拡大

 第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「かぞくへ」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、脚本・製作・編集も手がけた春本雄二郎監督、出演の松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、森本のぶが舞台挨拶に出席した。

 時代劇「鬼平犯科帳」「必殺仕事人2009」などの助監督を務め、現在はフリーランスで活躍する春本監督が、日本大学芸術学部・映画学科の卒業製作以来約10年ぶりにメガホンをとった。ボクシングトレーナーの男が、結婚を間近に控えた恋人と、詐欺被害にあっている親友のどちらを守るべきか、ひたすら苦悩する姿を描いた。

 10月29日のワールドプレミアに続き、この日が2度目の上映となったが、登壇陣は一様に緊張の面持ち。各所からの援助を受け完成にこぎつけただけに、春本監督は「来ていただいた皆様と、映画に参加してくれたキャスト・スタッフの皆様、そして東京国際映画祭事務局の皆様に、あつい御礼を申し上げます」と感謝を述べた。

 さらに今作に込めた思いを問われると、「映画をつくる上で大切にしなければいけないことは、僕が思うに感情表現です。人間がモチーフにならざるを得ない芸術作品だからです」と切り出した春本監督。「その感情表現で、切っても切り離せないものが“家族”」と説明し、「キャスト陣が話してくれたエピソードを少しずつ交え、(キャラクターに)感情移入してもらうことを目的とし、このような台本を作りました」と打ち明けていた。

 第29回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。