31日、中国中央テレビは、中国で再びサムスン製スマートフォンの爆発事故があったと伝えた。

写真拡大

2016年10月31日、中国中央テレビ(CCTV)は、中国で再びサムスン製スマートフォンの爆発事故があったと伝えた。

【その他の写真】

雲南省楚雄イ族自治州姚安県に住む郭興文(グオ・シンウェン)さんは、所持していたサムスンのGalaxy S6が突然爆発したことで、右の眼球にやけどを負い、両方のまつげが焼失してしまった。Galaxy S6は今年4月に購入したもの。ポケットに入れていたところ発熱しているのに気付き、取り出して調べていた時に突然爆発したという。

郭さんの妻がサムスンのサポートセンターに連絡すると、担当者は携帯電話の交換を申し込むよう勧めたが、郭さんが負ったけがについては対応できないとしている。(翻訳・編集/北田)