「調理スペシャリスト本科」の生徒らと共同で開発。

写真拡大

ダイエーは2016年11月1日から、神戸国際調理製菓専門学校(Ecole CP(エコールセーペー))と共同開発した「未来のシェフのアイデア弁当」全6品を発売する。

1966年に設立されて以来、プロとして通用する技術をもった人材育成を掲げ、これまで国内外合わせて1万人以上の人材を輩出してきた実績のある学園。調理スペシャリスト本科の学生と約4ヵ月間に渡って、素材や調理法などについて検討をくり返し、開発を進めてきた。

発売されるのは「鮭と野菜のあんかけ丼」、「梅ごはんとマッチング!豆腐ハンバーグ」、「柚子のせ鶏てりの2色重」、「鶏と温野菜の彩りDON」、「徳島KINPIRA丼★」、「サッパリ旬の鮭ご飯」。主食とおかずが一体となったオン・ザ・ライス型弁当を中心に、いずれも野菜を豊富に取れる弁当がラインアップされている。

たとえば「鮭と野菜のあんかけ丼」は、麦ごはんに鮭と野菜をのせ、和風のあんかけでとろみをつけた弁当に仕上げられている。また、バランスよく根菜類を取り入れることで、噛む回数を増やそうとする狙いもあるという。

近畿地域のダイエー・グルメシティ97店舗での販売となる。

本体価格は「サッパリ旬の鮭弁当」のみ298円で、他の弁当は398円。