「サロン・デュ・ショコラ・パリ 2016」品評会にて 2年連続最高位“ゴールドタブレット”を獲得した「彩り(いろどり)」(1944円)

写真拡大

銀座千疋屋がショコラ「彩り(いろどり)」(1944円)を11月7日(月)より築地店で100セット限定で販売する。

【写真を見る】イチゴの風味が楽しめる「 <春のショコラ>苺」

ショコラ「彩り(いろどり)」は、1セット4個入り。日本を代表する果物を使用し、デザインにもそれぞれの季節を感じるモチーフをあしらい、視覚・味覚・嗅覚で、日本の春夏秋冬を感じることができる。

10月28日から11月1日にフランス・パリで開催された世界最大のショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ 2016」のショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(C.C.C.)」の品評会で2年連続となる最高位・ゴールドタブレット(金賞)をもたらした名品。

「 <春のショコラ>苺」は、ドライイチゴをキルシュで漬け、あまおうの洋酒で風味をつけたガナッシュがフレッシュな味わい。「<夏のショコラ>桃」は、桃の茶葉で香りづけしたガナッシュと、国産桃で作ったパート ドフリュイで、桃を贅沢に味わうことができる。

「<秋のショコラ>栗」は、クリの焼酎に、国産のクリのペーストをふんだんに使用したガナッシュで、クリのまろやかな味と香りが感じられる。「<冬のショコラ>金柑」は、国産のキンカンとキンカンの洋酒で風味づけしたガナッシュで、柑橘の爽やかな風味が楽しめる。どれも工芸品のような美しさで、食べるのがもったいなくなるような出来栄えだ。【東京ウォーカー】