自毛植毛は2回したほうが効果的?

写真拡大

自毛植毛とは

自毛植毛は、自毛を使用した薄毛治療方法です。
施術方法は、後頭部など健康な部位から皮膚と一緒に髪を採取し、薄毛になっている部位へと移植手術をおこないます。
自毛植毛をおこなうには、皮膚を切る外科手術が必要になります。手術中は、麻酔が効いているため、ほぼ無痛でおこなわれますが、術後は皮膚が定着するまで痛みが伴う場合もあります。

自毛植毛のメリット

自毛植毛には「高い成功率」「メンテナンスが必要ない」「仕上がりが自然」と、非常にメリットが多いです。

高い成功率

自毛植毛の手術の成功率は、95%を超えると言われ、非常に高い成功率を誇っています。なぜ成功率が高いかというと自毛を使用することによる安全性の高さからです。
自毛植毛は、自分の髪を使い植毛手術をおこないます。そのため免疫反応や拒絶反応が起こることが無く、手術は失敗の確率が低いです。人口毛を使用した植毛手術と比較しても、免疫反応や拒絶反応による失敗がない分、成功率は高いです。

メンテナンスが必要ない

自毛植毛手術後は、自分の髪と同様にシャンプーをするだけで、メンテナンスがOKです。面倒くささがないのもよいところですが、それに加え診療費用や薬代など、術後の費用も少ないので料金面でもメリットを得られます。

仕上がりが自然

自分の皮膚ごと移植するので、周囲の髪の毛と自然になじみます。手術部分の見分けも全くつかなくなり、全体を見渡しても仕上がりはとっても自然です。

自毛植毛の効果的な回数

自毛植毛は回数を重ねるごとに髪の密度を増すことができます。そのため一度の手術で満足できる密度を得られなかった場合は、2回目の自毛植毛をおこなうとより効果が増します。
日本人の平均的な頭髪密度は1兒擁あたり150本前後といわれています。視覚的にはこの80%程度である120本程度で十分「フサフサ」になって見えます。

しかし一度の自毛植毛で回復できる密度は50%程度です。80%まで上げるのは2回目の自毛植毛が必要になります。ですのでより密度の高い頭髪を目指す場合には2回目の自毛植毛をおこなうと効果的です。