健闘を称え合う2人 お互いにとって特別な最終日になったに違いない(撮影:秋田義和)

写真拡大

 片山晋呉の優勝で幕を閉じた「マイナビABCチャンピオンシップ」。片山は首位と2打差で最終日を迎えると、4バーディ・ノーボギーゴルフでトップを走る小林伸太郎をかわし逆転で通算30勝目を挙げた。そんなベテランの技術と初優勝を目指す勢いがぶつかり合った競り合いの裏側をツアー通算9勝を挙げ、ゴルフ雑誌やテレビの解説で幅広く活躍している佐藤信人氏が語った。
【関連ニュース】
片山晋呉の通算30勝目は貫録勝ち!史上6人目となる節目の勝利に「やっていて良かった」
ツアーで見つけた旬ギアネタ【マイナビABC 編】
松山英樹、結果を出したドライバーを使い続けるのか?
松山英樹、宮里藍が使用するアイウェア、オークリーに新たなアスリート
ユーティリティ巧者・片山晋呉“ドライバーを抜く戦略”の内幕