「映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」が、'17年ゴールデンウイークに公開!/(C)2017映画ここたま製作委員会

写真拡大

'17年のゴールデンウイークに全国公開されることが決定した、映画版「かみさまみならい ヒミツのここたま」のタイトルが「映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」に決定。

【写真を見る】「テップル」という映画オリジナルのここたまも登場!/(C)2017映画ここたま製作委員会

映画オリジナルの“ここたま”テップルも登場することが分かった。さらに、ことしで20周年を迎える「たまごっち」の同時上映も決定した。

「ここたま」&「たまごっち」、それぞれスクリーンいっぱいにどんな大冒険が繰り広げられるか、期待は高まるばかりだ。

「かみさまみならい ヒミツのここたま」は、「モノにはみんな魂がある」というおばあちゃんの教えを守りモノを大切している主人公・こころが、大切にしている色鉛筆から生まれたモノの神様・ラキたまとの出会いをきっかけに、ここたまたちとの秘密の生活が繰り広げられるハートウオーミングストーリー。

昨年10月よりテレビ東京系で放映が始まるや、瞬く間に大ヒットした人気アニメだ。

映画では、ある日、一人前になったここたましか行くことができない“ここたま界”へ招待されることになったこころたち。見習いのここたまたちにとっての憧れの世界“ここたま界”に大興奮のラキたまらだが、実は特別に招待されたのには理由があり…というストーリー。

また、誕生20周年を記念して「たまごっち」が約10年ぶりにスクリーンに登場する。

同時上映が決まった「短編『映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』」は、ごっち大王から大切なものを運ぶように頼まれたまめっちたちが、突然荷物を狙われて大騒ぎする物語。懐かしい要素も盛り込み、子供だけでなく親子で楽しめる作品となっているので、こちらも要チェックだ。

【「映画かみさまみならい ヒミツのここたま」新田典生監督コメント】

映画化決定の知らせをもらったのは(ことしの)春ごろでした。それ以前からちらほらと映画化するかも…というお話を耳にしていたので驚きよりも「ついに来たか…」という気持ちが強かったです。

映画の舞台として「ここたま界」が初登場するわけですが、ここたま界ってどんなところ?というのはラキたまたちでなくてもみなさん興味を引かれるところだとは思うので、たませんにんいわく「めーっちゃ良いところ」を見せられたらと思います。

あとは、一人前ここたまが何をしているのかとか、新ここたまとか、こころとラキたまが協力して…とか、いろいろと楽しんでもらえたら幸いです。