キャサリン・キーナー Photo by Andrew H. Walker/Getty Images

写真拡大

 アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の実態を描いたクライムスリラー「ボーダーライン」の続編「ソルダード(原題)」に、キャサリン・キーナーが出演することがわかった。

 2015年に公開されたドゥニ・ビルヌーブ監督「ボーダーライン」は、米国防総省の特別部隊にリクルートされたFBI捜査官ケイトが、謎のコロンビア人アレハンドロとともに、メキシコの麻薬カルテル撲滅のため無謀な極秘ミッションに挑むさまが緊迫感たっぷりに描かれた。

 続編「ソルダード」は、「ブレードランナー」続編などで多忙なビルヌーブ監督に代わり、イタリアの新鋭ステファノ・ソッリマ(「暗黒街」)が監督。ケイト役を演じたエミリー・ブラントは出演せず、ベニチオ・デル・トロ演じるアレハンドロ役に焦点を当て、CIA捜査官マット役を演じたジョシュ・ブローリンも続投する。米Deadlineによれば、キーナーはマットの上司役で出演するという。

 前作の脚本家テイラー・シェリダンが続編も執筆。ドラッグ密輸と不法移民の入国に利用されていた国境の地下トンネルが、テロリストがアメリカに渡るルートになっていたことから、アレハンドロとマットが再び危険な作戦に身を投じる。