完敗したバルサにリベンジを果たしたいグアルディオラ「ほぼ完璧にプレーする必要がある」

写真拡大

▽1日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節のバルセロナ戦に向け、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が記者会見に出席。意気込みを語った。

▽10月20日に行われた試合のリターンマッチとなる今節。アウェイ、カンプ・ノウでの試合はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリックなど、4-0と完敗を喫していた。

▽プレミアリーグではここまで10試合を終えて7勝2分け1敗と首位に立っているシティは、ホームで12試合無敗を継続。バルセロナ撃破の可能性も残されている。

▽グアルディオラ監督はバルセロナ戦に向け「ほぼ完璧にプレーする必要がある」とコメント。勝利できなかった場合は「彼らを祝福する」と語り、残り試合に気持ちを切り替えると明かした。

「我々は勝つためにはほぼ完璧にプレーする必要があることを理解している。やってみようじゃないか。もし、そうでなかった場合、我々は彼らを祝福するだろう。そして、メンヘングラッドバッハでの試合に気持ちを切り替える」

「カンプ・ノウでの前半は良いプレーを見せた。しかし明らかに、両サイドの選手をほとんど止めることができなかった。我々にも重要な仕事ができる選手は居るんだがね」