強盗事件後初めて投稿されたキム・カーダシアンの写真 facebookより

写真拡大

リアリティースターのキム・カーダシアンが、現地時間10月31日に強盗事件から初めてソーシャルメディアを更新した。

キムは10月3日にフランスのパリの滞在先の部屋で警察官の格好をした男たちに銃を突きつけられて、指輪やジュエリーボックスなど総額1000万ユーロ(約11億4000万円)を盗まれた。キムにケガはないが、犯人に命は助けてほしいと頼んだそうで、精神的に大きなダメージを負ったと伝えられている。ソーシャルメディアの女王と言われるキムであるが、その後すべてのソーシャルメディアを更新していなくて、沈黙したままだった。

そして、事件から約1か月後の31日に椅子に座って携帯電話を見ている写真をフェイスブックに公開し、「休止時間 #Lemeeコラボ」と投稿。さらにハロウィン関連の自身のウェブサイトのリンクを2個アップしていて、そのページの1つではキムの幼い頃のハロウィンの動画を見ることができる。

人々は「寂しかったよ、キム」「おかえり」「ソーシャルネットワークの女王が戻ってきた」「戻ってきてくれて本当に嬉しいよ」と歓迎のコメントを残している。

キムのアシスタントは彼女の休息の間は友人や家族の力を借りて特別なコンテンツを用意すると明かしていた。【馬場 かんな】