T-ARA、カムバック予告イメージを公開…“上品かつ成熟した雰囲気”

写真拡大

ガールズグループT-ARAが11月に完全体でカムバックする。

昨年8月に発表したミニアルバム「So Good」以来、1年3ヶ月ぶりにカムバックするT-ARAは、作曲家イダンヨプチャギとニューアルバムを制作し、新しい姿で帰ってくる予定だ。

本日(1日) 公開したジャケット予告イメージでT-ARAは、全体的にホワイトとベージュトーンの衣装で暖かい雰囲気を演出したことはもちろん、さらに成熟した雰囲気を漂わせ、注目を集めた。

T-ARAが選択した今回のアルバムのタイトル曲は、今までのT-ARAの特技ともいえる早いテンポのダンス曲ではなく、デビュー以来初めて披露する叙情的な雰囲気のミディアムテンポ曲だ。タイトル曲名は「TIAMO」だ。

「TIAMO」は従来のT-ARAの代表的なダンス曲スタイルとは異なる、暖かくて爽やかな雰囲気のミディアムテンポ曲だ。スペイン語で「あなたを愛してる」という意味を盛り込んでいるだけに、メロディと歌詞の感じを最大化させ「TIAMO」の意味をよく表現している。

T-ARAは先月31日にミュージックビデオの撮影を終えた。