「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」が「我が家に住む男」を抑え視聴率1位を再奪還

写真拡大

「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」視聴率が、月火ドラマ王座を再奪還した。

1日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると先月31日、韓国で放送されたSBS月火ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の視聴率は9.0%(全国基準) を記録した。これは前回の放送分(10.1%) より1.1%下落した数値だが、同時間帯1位に当たる。

「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」に続き、KBS 2TV月火ドラマ「我が家に住む男」が視聴率7.4%で2位を記録した。MBC月火ドラマ「キャリアを引く女」は7.1%で3位となった。

特に「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」と「我が家に住む男」は月火ドラマ1位の座をめぐり、付かず離れずの様子だ。「キャリアを引く女」も「我が家に住む男」を猛追撃している。そのため、月火ドラマの構図がどのように変わるか、注目が集まる。