JR東日本の「山手線ビーコン」が開放、第1弾は『真・三國無双 for スゴ得』で全29駅にちなんだレアアイテム配信

写真拡大

JR東日本とNTTドコモは、山手線の全車両に設置している「山手線ビーコン」を活用した新サービス「山手線チェックイン」を11月1日に開始します。これは、従来JR東日本だけが使っていた山手線内の音波ビーコンを、一般の法人企業も開放するというサービス。同サービスを採用する法人企業は、山手線車両にいるユーザーに向けて独自のサービスを展開できます。

山手線ビーコンは、山手線の全車両に設置されている音波ビーコンです。これまでは、JR東日本がスマートフォン向けに提供する「JR東日本アプリ」内で、ユーザーに乗車中の列車走行位置や混雑度を送信する用途などに使われていました。

11月1日に開始する「山手線チェックインサービス」では、この山手線ビーコンをJR東日本以外の法人企業にも開放。採用する法人企業は、山手線に乗車中のユーザーに向けて独自のサービスを提供することができるとしています。サービス開始に伴ない、JR東日本とNTTドコモは「山手線ビーコンを使ったアイデア・アプリコンテスト」を共同開催。上位入賞チームには、商用環境でテストマーケティングを行う権利を提供し、多様なサービスの創出を目指します。

先行事例として、スマートフォン向けゲーム「真・三國無双 for スゴ得」において、山手線社内のユーザーに対し、山手線全29駅にちなんだレアアイテムを12月に配信する予定です。