10月30日から大陸を訪問している台湾の洪秀柱国民党主席は、11月1日午後、習近平総書記と会談する。1945年から始まり未だ停戦協定を結んでいない国共内戦の和平協議を討議するとされているが、政権与党ではないので両岸統一への法的効果はない。しかし中国の軍事覇権を正当する口実につながる。

国共内戦はまだ終わっていない

 国共内戦とは、「中華民国」時代、国民党と共産党が中国大陸で戦った内戦で、第一次国共内戦(1927年〜1937年)と第二次国共内戦(1945年〜)とがある。

 第二次国共内戦は、1949年10月1日に毛沢東率いる共産党軍(中国人民解放軍)が勝利して中華人民共和国誕生を宣言すると、その年の12月に蒋介石率いる国民党軍と「中華民国政府」が台湾に撤退することによって、勝敗が決まったかに見えた。

 それでも、1971年10月までは「中国」という国家の代表として国連に加盟していたのは連合国側の一員として日中戦争を戦った国民党の「中華民国」であって、その国民党を倒して誕生した中華人民共和国ではない。しかしキッシンジャーの忍者外交などによる米中接近によって、1971年10月に中華人民共和国が「中国」という国の代表として国連に加盟すると、「中華民国」は国連から脱退し、大陸と台湾は台湾海峡を挟んで対峙したままである。つまり、1949年以降、分断されたままの状況が続いている。

 その意味で、国共内戦は、まだ終わっていないのである。

 国連に加盟すると、中国(中華人民共和国)は「一つの中国」を絶対条件として日米など、多くの国との国交を正常化していった。

 「つの国」を、中台双方で「一中」という呼び方をする。

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)