日本のラーメンは中国で「日式ラーメン」と呼ばれ、中国のラーメンとは区別されることが一般的だ。中国生まれのラーメンだが、近年は中国でも「日式ラーメン」を好む消費者が増えており、「日式ラーメン」を本場で食べることを楽しみに訪日する中国人もいるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本のラーメンは中国で「日式ラーメン」と呼ばれ、中国のラーメンとは区別されることが一般的だ。中国生まれのラーメンだが、近年は中国でも「日式ラーメン」を好む消費者が増えており、「日式ラーメン」を本場で食べることを楽しみに訪日する中国人もいるようだ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、「中国人にもっとも知られている日本料理はラーメンだ」と伝え、九州を訪れた中国人旅行客による「とんこつラーメン体験記」を掲載している。

 記事は、「中国人の多くは、日式ラーメンの味は日本のどこで食べても大差ないと考えている」と伝える一方、これは大きな誤りであり、「日本のラーメンはそんなに単純な存在ではない」と主張。地域ごとに大きな特色をもつ料理こそ日本のラーメンであると熱く語った。

 さらに同中国人は、「九州ラーメン総選挙」で1位を獲得したというラーメンを求め、太宰府を訪れたことを紹介しているが、訪日前から福岡空港から太宰府、そしてラーメン店までの道のりをすべて調べていたという。日本のおいしいラーメンを食べたいという熱意が伝わってくるようだ。いざ目的のラーメン店に到着すると多くの客で賑わっていて驚いた様子で、メニュー表は日本語だけでなく、韓国語、中国語もあったといい、ラーメンを求めて中国人や韓国人の客も頻繁に訪れているであろうことが分かる。

 「九州ラーメン総選挙」で1位を獲得したというラーメンは、噂に違わぬ味だったようで「最高に旨かった!」とし、あまりの旨さにスープまでしっかりと飲み干してしまったと満足した様子。わざわざ福岡から太宰府まで来たのは「まったく無駄ではなかった」と大絶賛した。

 また記事には、中国のネットユーザーから同じく日本のラーメンを絶賛するコメントが寄せられており、「日本のラーメンを食べると、中国のラーメンが食べられなくなる」、「日本のラーメンはもはや芸術」など、中国でも日式ラーメンのファンが着実に増えているであろうことが見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)