ドランの新作がついに日本公開!
 - (C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual

写真拡大

 カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、アカデミー賞外国語映画賞カナダ代表作品となった、グザヴィエ・ドランの新作『It’s Only the End of the Wolrd(英題)』の邦題が『たかが世界の終わり』に決定し、2月11日より日本公開されることが明らかになった。併せて、主演のギャスパー・ウリエルが12月初旬に来日することも発表された。

 「若き美しき天才」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに名をとどろかせている27歳のドラン。2014年の『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査員賞受賞、本作でグランプリ受賞と、これからの映画界を担っていくであろう存在だ。

 そんなドランが手掛けた本作は、愛しているのに傷つけあう、とある家族の1日を切り取ったもの。「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ。再会を祝福する家族団らんになったかもしれないはずが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情をぶつけあう場に。うまく思いを伝えられない彼らの姿は、ミスコミュニケーションが叫ばれる現代の家族そのものだ。

 主人公・ルイ役を『サンローラン』などのギャスパー・ウリエルが務めたほか、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイというフランスを代表する豪華俳優陣が顔をそろえたことでも話題を呼んでいた。そしてこの度、主演のギャスパーが来日することが明らかになった。名匠アンドレ・テシネの『かげろう』(2003)をきっかけに注目を浴びたギャスパーは近年、本作に加え、ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップが出演している『ザ・ダンサー(原題) / The Dancer』など、話題作にひっぱりだことなっている。(編集部・石神恵美子)

映画『たかが世界の終わり』は2月11日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開