ぶっ飛んだキャッチコピーも健在

写真拡大

有楽製菓は2016年10月18日、「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」を全国のローソンで期間限定発売した。

「ピンクなの?グレーなの??どっちなの??」と、曖昧さを前面に押し出したちょっと不思議な商品。どっちつかずの「グレー感」、ピンクグレープフルーツ味の「グレー」、カバーチョコレートの色の「グレー」と、「トリプルグレー」が特長だ。

「爽快オレンジ」と比べられちゃう

ピンクグレープフルーツ味のチョコレート菓子...なかなか想像がつかないが、根強いファンを抱えるブラックサンダーとあっても、「どんな味なんだろう...」とおっかなびっくり試している人が多いようだ。

しかしツイッターで感想を見ると、

「めっちゃおいしい!オレンジピールチョコとか好きな人はこれ好きだよ!」
「グレープフルーツのフレーバーがお値段以上に高級感出しててんまい」
「名前と見た目の割に今までで一番好きな味です」
「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーンいがいと美味しいから箱買いしよう」

など、意外にも?高評価が続出している。

一方、今年6月発売の「ブラックサンダー ファンタ爽快オレンジ味」も柑橘系のフレーバーだったということで、。

「前に食べたオレンジの方が美味しい」
「爽快オレンジ味のほうが好きだなぁ...!」

と、比べてしまう人も。オレンジとピンクグレープフルーツで好みは分かれるが、いずれにせよ、ブラックサンダーと柑橘系フレーバーは意外と合う、ということのようだ。

43円(税込)で購入。