大地真央、還暦とは思えない若々しさを保つためにしているトンデモ美容術とは?

写真拡大

 元宝塚のトップ男役スターとして注目され、退団後は「風と共に去りぬ」などの舞台女優として大活躍中の大地真央。今年2月に還暦を迎えたとは思えぬ若さと美貌を見せつけている。いったいどんな生活を送れば、あの美しさが手に入れられるのだろうか。その秘訣をひもといてみよう。

「40歳を過ぎてから健康第一主義に。心がけているのは、規則正しい生活。適度な睡眠時間(最低7時間)を取り、1日2食でしっかり栄養補給する。朝食は野菜や果物のスムージーに、玄米おにぎりか玄米パン。1日2リットルの水を飲み干し、夜9時までに夕食を食べ終える。バスタイムはたっぷり45分。手を使って全身くまなく洗いあげ、ぬるま湯の中でストレッチをみっちり行い、汗をかいた後冷水で引き締めて終了です。オフの日は自宅のスチームサウナとジェットバスに入り、本や台本を読みながら2、3時間を過ごす。何台もの加湿器をフル稼働させて、お肌に潤いを与えることを忘れません。健康にいいと聞けば、何でも取り入れてみる。おかげでもう何年も風邪知らずです」(健康雑誌ライター)

 4年前、「アンチエイジング大賞」を受賞した大地。若さを保つ秘訣は笑顔だという。兵庫県出身の関西人で、実はお笑い大好き人間。オヤジギャグやダジャレが自然に口をついて出てくるなど、周囲を和ませる名人だ。率先して周りを癒し、愛猫7匹に癒される日々を過ごしている。

 好物はコラーゲンたっぷりのすっぽん鍋、北京ダック、鳥の足の煮込みとか。あなたはどれだけ真似できるかな。

(塩勢知央)

関連記事:スキンケアの賜物!「とと姉ちゃん」の“祖母”大地真央がきれいすぎると大絶賛 http://asajo.jp/excerpt/9946