世界の歌姫アデル (c)Imagecollect.

写真拡大

28歳の歌手アデルが、産後うつ病と闘っていることを明かした。

経営者のサイモン・カネッキ氏との間に4歳のアンジェロ君を育てるアデル。そんなアデルは文化ファッション誌「ヴァニティ・フェア」に「私は息子を産んだあとにとてもひどい産後うつ病になったの。恐ろしかったわ」「私のボーイフレンドは妊娠していたほかの女性と話すべきだって言ったけれど、私は『嫌よ。たくさんの母親たちと一緒にいたくない』って言ったわ」「子供のいない友達は私にイライラするの。一方で子供のいる友達とは座って、間違いなく話ができたわ。私たちはお互いを評価しないの。ある日私は友達に、『これ(子育て)クソ嫌い』って言ったの。彼女は泣き始めて、『私もクソ嫌い』って言ったわ」と話した。

さらにアデルは産後うつ病は子供と一緒にいたくなくて、子供を傷つけてしまうのではないか不安になるものだと思っていたそうだが、「私は子供に夢中だったの。私はすごく不十分だと感じだわ。私は最悪の決断を人生でしたと思ったの」とコメント。結局自分だけの時間を作ることにしたアデルは、「4人の友達が同じ気持ちだったの。みんな話すのが恥ずかしかったわ。みんなに悪い母親だって思われるって思っていたの。そういうことじゃないのよ。もっと自分に良い時間を与えれば、もっと良い母親になれるのよ」と語った。

アデルは現在ツアー中で息子と一緒にいることができない時間を申し訳なく思うが、息子にはたくさんの愛があると明かしている。【馬場 かんな】