▽10月31日、AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表が開催地のバーレーンから帰国の途についた。

▽過去4大会連続でU-20ワールドカップ(W杯)出場を逃してきた日本。しかし、5大会ぶりのU-20W杯出場権を獲得するとともに、史上7度目の決勝で同大会初優勝を成し遂げた。

▽ソリッドな対応で守備面に貢献したDF冨安健洋(アビスパ福岡)は帰国直後に取材に応対。無失点という守備面に関して「守るべくして守った感じはない」と課題を口にした。

◆DF冨安健洋(アビスパ福岡)

――大会を振り返って

「率直に嬉しい。今までのサッカー人生の中で一番嬉しいこと。結果として残せて本当に良かったなと思っている」

――印象に残っている試合はあるか

「やっぱり決勝(のU-19サウジアラビア代表戦)が印象に残っている。個人的にも、チームとしても良い内容ではなかったけど、気持ちで押し切ることができて良かった」

――個人のパフォーマンス内容について

「崩されるシーンが多かったし、守るべくして守った感じはない。けれど、結果として無失点に抑え込めたのは自信になった」

――他国との差について

「日本代表との対戦になると、相手は引いて守りに重きを置いてくることが多い。相手のブロックをどのようにして崩すのかというのは今後の課題として残っている」

――今後の目標、W杯について

「もちろん、自分のチームでレギュラーを取ること、試合に出続けることは大切。大会に出るからには優勝を目指して、できる限りの準備をしていきたい」