28日、中国のインターネット上で、日本のネットカフェの様子を紹介した動画が話題になっている。写真は中国のネットカフェ。

写真拡大

2016年10月28日、中国のインターネット上で、日本のネットカフェの様子を紹介した動画が話題になっている。

【その他の写真】

動画は「なぜこれほど多くの人が日本を崇拝するのか、ネットカフェを見ればわかる!」と題されたもので、中国人女性が青森県内のネットカフェをリポートする内容。女性は「ここは留学していた時に週末、友達とよく来ていたインターネットができるところです」とカメラに語りながら店内へ。

床にマットが敷かれた部屋や畳の部屋、大きなソファのある部屋など、さまざまなタイプがあり、部屋にはパソコンやテレビ、DVD、プレイステーション、空気清浄機といった電子機器の設備があることを紹介。さらに、ジュースやコーヒー、アイス、シャーベットなどが無料であることや、漫画も読み放題であること、朝食のルームサービスがあることなどを実際に体験しながらリポートしている。そのほか、追加料金でカラオケルームが利用できたり、ダーツが楽しめたりすることも紹介した。

中国にも「網[口巴](ワンバー)」または「網珈(ワンカー)」と呼ばれるネットカフェは存在するが、多くはパソコンと椅子が置いてあるだけで間仕切りなどはない。もちろん、日本も中国も店によって異なったり、料金が違ったりもするが。では、この動画を見たネットユーザーからはどんなコメントが寄せられたのか。

「3時間1000円」という料金について、「ネットするだけじゃ元が取れない。無理してでも食べないと」という声があるほか、「これがネットカフェだって?冗談でしょ」「すごく静か。環境がいいね」「店員がお辞儀してるぞ!なんて接客態度がいいんだ」「やっぱり日本のネカフェの方が好き」といった声や、「中国でこういう店出したら、客の“食べ過ぎ”でつぶれるだろう」といった意見も少なくない。(翻訳・編集/北田)