▽10月31日、AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表が開催地のバーレーンから帰国の途についた。

▽過去4大会連続でU-20ワールドカップ(W杯)出場を逃してきた日本。しかし、5大会ぶりのU-20W杯出場権を獲得するとともに、史上7度目の決勝で同大会初優勝を成し遂げた。

▽今大会3ゴールを挙げた来シーズンより京都サンガF.C.への加入が内定しているFW岩崎悠人(京都橘高)は帰国直後に取材に応じ、さらなる成長を力強く語った。

◆FW岩崎悠人(京都橘高)

――大会を振り返って

「僕らの代で歴史を塗り替えられたのはとても良いことだと思うけど、内容に関してはまだまだ改善点が多い」

「個人的に言えば、ある程度の特長はしっかり出せたと思うけど、ポストプレーだったり、要所でのミスも目立った。そういう細かいところを突き詰めていきたい」

――印象に残っている試合はあるか

「カタール戦が印象に残っている。入りから攻守の切り替えの部分でアグレッシブにいけていたし、良い時間帯に先制できたので、楽にゲームを進められたなと」

「自分たちがイニシアチブを握ることができれば、世界の舞台でも戦えるのではないかと手応えを感じることができた」

――来シーズンからプロになるが、今大会を通じて自身に足りない部分を感じたか

「やっぱり、ポストプレーだったりとか…どういった形でもゴールに関わっていけるプレーを増やしていきたい」

――W杯に向けて

「まずはメンバーに選ばれることが大切。もしピッチに立つことができるのならば、世界の舞台で積極的にトライしていきたい」

「そこで得たものを生かして、自分の目標である日本代表としてワールドカップに出場する夢に近づいていければ」