サムスンの逆襲 Galaxy S8は「人工知能でアップルに対抗」説が浮上

写真拡大

火を噴くスマホ、サムスンのGalaxy Note 7の生産停止、リコールに至る騒動はスマホ業界始まって以来の大失態だ。しかし、業界のアナリストの中にはこの騒ぎも数ヶ月で忘れ去られ、サムスンは次のGALAXY S8で失地回復を遂げるとの見方もある。

サムスンは今回のリコールにかかる損失を50億ドル(5,230億円)以上と見込んでいる。同社は長年かけて築き上げたブランドへの信頼を失った。しかし、IDCのアナリスト、Xiaohan Tayは次のように述べている。

「スマホ業界の流れは非常に速い、毎月のように様々なメーカーから新製品がリリースされている。Note 7の件もすぐに忘れ去られるだろう」

カナリスのアナリスト、ベン・スタントンも同意見だ。「サムスンはこれまで年間2回のペースで新製品を投入してきた。タブレットやPCに比べ、スマートフォンの分野は製品サイクルが非常に短いのが特徴だ」

サムスンは来年2月にバルセロナで開催のモバイル・ワールド・コングレスので次期モデルS8を発表し、韓国では3月に発売となるはずだ。これはNote 7の大失敗から約6ヶ月を経たタイミングとなる。

関係者の間では、サムスンがNote 7の損失を取り戻そうとS8の発売を早める噂も取り沙汰された。しかし、この噂はすぐに否定された。匿名のサムスン幹部はETnewsの取材に対し、こう述べた。

「Note 7のリリース前から、S8の発表は別のスケジュールで進められていた。急に発売を前倒しすることは不可能だ」

サムスンはS8の発売に向け、これまで経験したことのないプレッシャーにさらされている。IDCのTayは「今回のモデルはNote以降で最も高価格な製品になる。テクノロジーやイノベーション、マーケティングの全ての面で消費者を魅了しなければならない」と述べた。

人工知能搭載でアップルに対抗

10月27日、ウォール・ストリート・ジャーナルはサムスンのモバイル部門副社長のLee Kyeong-taeのコメントを引用しつつ、「S8は洗練されたデザインで、カメラ性能も向上し、進化した人工知能が搭載される」と報じた。

10月にサムスンはアップルのSiri を開発したAIアシスタントのスタートアップ企業、Viv Labsを買収した。サムスンはVivの技術をS8に搭載し、アップルやグーグル等の競合に対抗すると見られる。

足元には業績悪化の危機も迫っている。カナリスのスタントンは「サムスンのモバイル事業の売上は会社の命運を左右する。売上の回復は緊急の課題だ」と述べる。

サムスンは10月27日、モバイル部門の今四半期の営業利益が前年度比で96%減の約92億円に落ち込んだと発表した。サムスン担当者は電話会議で「業績への悪影響は2017年の第一四半期まで続く。ただし、新たなスマートフォンの投入により、業績は再び回復する」と述べた。

「サムソンはブランドへの信頼性を取り戻さなければならない。Note 7の大失敗から学んだことを、消費者らに提示する必要がある。S8の発表会で、サムスンが過去の失敗にふれるかどうか、大いに注目したいところだ」とカナリスのスタントンは述べている。