画像

写真拡大 (全2枚)

 クックパッドはインテージと共同でビッグデータ分析サービス「たべみるオンデマンド」の提供を開始した。これにより、購買と検索という実際の行動に基づく生活者の食ニーズを捉えた、マーケティング活動の支援が可能となる。

 クックパッドは10月31日、食のビッグデータ分析サービス「たべみる」およびコンサルティングサービスを提供するトレンド調査ラボにおいて、インテージと共同で「たべみるオンデマンド」の提供を開始した。

 同分析サービスでは、クックパッドの食の検索データ分析サービス「たべみる」が提供している性別・年代といった基本的なセグメント情報と、インテージの「SCI(全国消費者パネル調査)」で得られた商品購買状況や購入者属性に分析を加えたセグメント情報を連携。オンデマンドで分析を行うことができる。これにより、購買と検索という実際の行動をもとに、生活者の食ニーズを捉えることが可能になる。

 また、同サービスでは購買と検索データを組み合わせて分析する以外にも、ニーズの発生直後に生活者が閲覧したレシピの分析も行うことができる。

MarkeZine編集部[著]