昨年のダブル11(11月11日のネット通販イベント)には、取引額が912億元(約1兆3680億円)、配達依頼は4億6700万個に到達し、奇跡的記録となった。

写真拡大

昨年のダブル11(11月11日のネット通販イベント)には、取引額が912億元(約1兆3680億円)、配達依頼は4億6700万個に到達し、奇跡的記録となった。では、今年の同イベントでは、どれほどのエネルギーが爆発し、配達依頼数はいったいどれほどの量になるのだろう?物流業界はすでに臨戦態勢を取ることができているのだろうか?南方日報が伝えた。

中国国家郵政局と阿里巴巴(アリババ)の物流子会社・菜鳥網絡はこのほど、共同で今年のダブル11に向けた準備状況を発表。統計によると、今年のダブル11の期間(11月11―16日)には、業界全体で、昨年より50%以上多い、268万人のスタッフを宅配サービスに投入する。また、車両も昨年比59%増、航空便による輸送量も約40%増にして対応する。国家郵政局は、ダブル11の期間、業界全体で処理される配達依頼数は昨年比35%増の計10億5000万個以上になると予測している。

業界関係者によると、ダブル11の期間には、商品だけでなく、購入したものがいつ発送・配送されて届くのかということにも注目が集まる。そのため、各大手EC(電子商取引)事業者はまだ十分な対応とは言えないものの、物流業界は早くから臨戦態勢に入っている。多くの物流会社が1〜2カ月前から配達員を募集して、ダブル11に備えている。

都市別クラシファイド サービス・百姓網の統計によると、今年、配達員の賃金は例年に比べて平均15−20%上昇している。一部の企業は1カ月8000―1万元(約12―15万円)の高待遇となっている。また、歩合制にしたり、ボーナスを出したり、食費を支給したりと、好条件で募集している企業もある。

宅配業者・順豊速運の上海のある支店の責任者によると、「大きな配送センター、特に末端の配送を担当するスタッフを中心に募集している。例えば、宅配員に、手伝える親戚や友人がいないかを探してもらったり、放課後などの時間に働ける学生を募集したりして、効果的に必要なスタッフを見付けられるようにしている。そうすることで、コスト削減にもつながる」と、スタッフ募集において新たな試みをしているという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)