▽10月31日、AFC U-19選手権で初優勝を成し遂げたU-19日本代表が開催地のバーレーンから帰国の途についた。

▽過去4大会連続でU-20ワールドカップ(W杯)出場を逃してきた日本。しかし、5大会ぶりのU-20W杯出場権を獲得するとともに、史上7度目の決勝で同大会初優勝を成し遂げた。

▽今大会を通じて無失点で終えたチームの守備を支えたDF中山雄太(柏レイソル)は帰国直後に取材に応じ、成長、自信、来年5月に韓国で行われるU-20W杯への意気込みを語った。

◆DF中山雄太(柏レイソル)

――大会を振り返って

「優勝を決めたときは、『嬉しい』のひと言。でも、時間が経つに連れて、本選に向けて意識が高まっている」

――大会で印象に残っている試合、事柄はあるか

「個人的にも、全てを出し尽くした。勝ちをもぎ取ったサウジアラビア戦が印象に残っている」

――戦いの中で成長した部分はあるか

「無失点で終われたことは自信になった。ピンチ時にチーム全体としても、個人としても焦らなくなった。その結果が自信になった」

――U-20W杯の目標について

「W杯でもチャンピオンを目指していきたい。このメンバー(で戦うか)かどうかわからないけど、個人としても点を取れるように、チームとしても優勝できるように頑張りたい」