感情をなくしかけた男になりきった (C)2015 Twentieth Century Fox Film
Corporation, Demolition Movie, LLC
and TSG Entertainment Finance LLC.
All Rights Reserved.

写真拡大

 「ナイトクローラー」「サウスポー」など話題作への出演が続くジェイク・ギレンホールが、「ダラス・バイヤーズクラブ」「わたしに会うまでの1600キロ」のジャン=マルク・バレ監督とタッグを組んだ「デモリッション(原題)」が、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の邦題で2017年2月18日に日本公開することが決定した。

 ウォールストリートのエリート銀行員ディヴィス(ギレンホール)は、富も名声も手に入れながら、高層タワーの上層階で数字と向き合うだけの日々に空虚感を抱いていた。そんなある日、突然の交通事故で妻が他界。最愛の存在がいなくなったにもかかわらず、涙も流せないほど無感情になった自分を発見したディヴィスは、身の回りのものをすべて破壊し、ゼロからやり直そうとする。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「追憶の森」のナオミ・ワッツ、「8月の家族たち」やベン・アフレック監督作「リブ・バイ・ナイト(原題)」のクリス・クーパーら、実力派俳優が脇を固める。

 これまでにも「ブロークバック・マウンテン」や「マイ・ブラザー」、「プリズナーズ」「複製された男」ほか高い演技力を要求される難役をこなしてきたギレンホールが、会社のトイレやパソコン、妻のドレッサー、家までも破壊し、人間らしさを取り戻していくディヴィスの内面を繊細に演じている。マルク・バレ監督は「僕は、幸せをつかもうともがいている人にひかれる。人生を再び始めるための、勇気いる旅路はいつも美しいんだ」と作品に込めた思いを語っている。

 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」は、17年2月18日から新宿シネマカリテほか全国で公開。