マーク・ザッカーバーグが米国大統領になる日 2024年の未来予想図

写真拡大

米国の政治は近年、極端に劇場化が進んでいる。まるでサーカスのような候補者討論会、巨額の資金が投入された選挙イベントやテレビ番組がその象徴だ。

候補らの選挙公約が虚しく響く一方、60%の米国人が上院と下院の意味を知らず、55%の人々がGOP(共和党のニックネーム)をガバメント・オブ・ザ・ピープルなどと勘違いしている。

今回の選挙でドナルド・トランプが勝利するかどうかはさておき、彼のビジネスでの経験が評価され、思わぬ支持を集めたことは特筆に値する。トランプは数十年にわたり、実業の分野でリアルな困難に直面してきた。対立候補のヒラリーが長年、政治闘争やウォールストリートのインサイダーとの付き合いに明け暮れてきたのとは対照的だ。

トランプは資産家の二代目で、さほどの苦労も積んでいないとの批判もある。しかし、トランプタワーに象徴される彼の富の強大さは誰が見ても明らかだ。トランプは防弾仕様の分厚いガラス窓の向こうで、現実世界と向き合ってきた。それは、契約書にサインをすれば物事が前に進むリアルな世界だ。全てが秘密裏に運ばれ、いつの間にか法案も無効化されている政治の世界とは別物だ。

ヒラリー・クリントンが大統領になる可能性もあるが、トランプにもそのチャンスはある。しかし、ここで筆者が思うのは、トランプが米国の未来にとって重大な前例を作ったことだ。それは、マーク・ザッカーバーグが米国大統領になる可能性を示すものだ。

40歳の米国大統領、誕生の可能性

2024年にザッカーバーグは40歳になる。これは1901年に42歳で米国大統領になったセオドア・ルーズベルトよりも2歳若い年齢だ。彼が運営するフェイスブックの利用者数は世界10億人にのぼり、3億2,400万人の米国人が利用している。

ザッカーバーグは特にミレニアル世代から強く支持されている。2024年にこの世代は大きな票田を形成する。資産額が現在、446億ドル(約5兆円)の彼は世界で6番目に裕福な人物であり、選挙資金も潤沢だ。

ザッカーバーグのこれまでの歩みは、インターネットを通じ人々をつなげていくことだった。今年9月には妻のプリシラと「チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブ」を設立。30億ドルを投じ、全ての疾病を2100年までに根絶しようとしている。また、太陽光のソーラー・ドローンで発展途上国にインターネット環境を届けるプロジェクトも進めている。アフリカでは教育関連の投資も行なっている。

完全無料の学校プロジェクトも推進

ただし、ザッカーバーグのプランが完璧だったわけではない。1億ドルの投資を約束した最初の学校プロジェクトは頓挫した。しかし、彼は失敗から学び、今年8月に授業料無料で健康保険完備の学校を設立している。

ザッカーバーグの経歴はこれまでの大統領とは異なるが、失敗も成功も世間に公開してきた彼は、高い透明性を持つ人物として世論にアピールできる。ドナルド・トランプはテレビ番組を持ったが、ザッカーバーグは人生そのものをSNSで公開し、彼の映画も作られた。

さらに彼の妻のプリシラ・チャンは中国からの移民の娘の小児科医で、そのことは人種の多様性の面で非常に強力だ。ザッカーバーグはゲイの人々の運動にも公式に支援を表明している。

過去を遡れば、一名の例外を除き、米国大統領になる人物は既婚で一人以上の子供を持っている。2024年にザッカーバーグの娘、マキシマ・チャン・ザッカーバーグは9歳になる。メディアの関心を集めるのには絶好の年齢だ。

さらに、ザッカーバーグには愛犬のビーストもおり、ファンクラブの公式ページには200万件のいいねを集める人気者だ。過去の大統領たちはみなペットを持ち、その大半は犬だった。

ザッカーバーグは隠遁生活を好むことでも知られるが、これはホワイトハウスの住人としては適正な資質と言える。聡明で公的意識の高い外交的人物である彼は、これらからの8年で過去の失敗から学び、この国が抱える困難に立ち向かう術を見出すだろう。

この話は一年前なら笑い話としか受け止められなかった類のものだ。しかし、トランプが型破りな大統領候補として一定の成果を挙げつつある今、ザッカーバーグ大統領誕生の可能性は現実味を帯びてきた。