画像

写真拡大 (全2枚)

 コスメブランドのLUSHは11月1日、クリスマス商戦向けのデジタル施策として、オリジナルアプリ「Lush Connect」のAR機能を使ったキャンペーンを開始した。

 フレッシュハンドメイドコスメブランドのLUSHは11月1日、店頭でショッピングを楽しんでもらうための新たなデジタル施策として、オリジナルアプリ「Lush Connect(ラッシュコネクト)」のAR機能を使ったキャンペーン『レンズの向こう側、覗いてみない?』を日本全国約120店舗の直営店舗で開始した。

 同キャンペーンでは、店内に設置するカメラマークの付いた店内掲示ツールとアプリが連動している。これにより、スマートフォンを使いアプリ内のレンズをかざすことで自動的に掲示ツールのイラストと連動したARのコンテンツが表示される。

 また、商品と関連したストーリー付き動画や商品の使用方法が分かる記事や動画を閲覧することも可能になっている。店舗で入手可能な各種アイコンおよび動画は全4種あり、全てキャンペーン時期に店頭を飾るクリスマス限定アイテムをモチーフにしている。LUSHでは同キャンペーンを通じて、ブランドの理解を深め、クリスマス商戦の時期を盛り上げる狙いだ。

MarkeZine編集部[著]