F1チームのウイリアムズのファクトリー見学が賞品のクイズがスタート!

写真拡大

エンジニア志望者向けの本格的な難関クイズ

なんと、各国 1位の参加者をF1 レーシングチーム「ウイリアムズ・レーシング」の本社見学ツアーに招待するという、特別なクイズが11月1日(火)から11月21日(月)の3週間にわたって出題される。

このクイズは、オランダ、オーストラリア、ベルギー、ドイツ、日本、イギリスの世界6カ国で同時に開催されるもので、F1に参戦しているウイリアムズ・レーシングが全面協力するという。

1960 年オランダで創業し、世界第2位の総合人材サービスを行なっているランスタッドグループとウイリアムズ・レーシングが設立した「ランスタッド・ウイリアムズ エンジニアリングアカデミー(RWEA)」は、毎年世界各国から16から18歳の約10名の学生を募集し、F1の最先端メカニック技術を習得することを目指した7年間のF1エンジニア育成プログラムである。

eラーニングでの履修、論文、ウイリアムズのエンジニアによる指導など最先端メカニック技術を習得することを目指している。

理系人材の不足が世界的に問題化していることもあり、今回、そんな技術職の面白さや難しさをより多くの人に知ってもらいたいということから、このエンジニア・チャレンジが企画された。

「エンジニア・チャレンジ powered by randstad」では、物理的視点、素材の理解などレーシングエンジニアに求められる様々な知識について全15問が出題され、それが3つのラップで構成され、各ラップの回答期限は1週間となっている。つまり3週間(3ラップ)に渡って実施される。

問題はすべて選択式で、その正解数と回答時間の短さがポイントとなる。ラップすべてを通じてもっとも短時間にもっとも多く正解した参加者がチャレンジの優勝者となる。参加資格は、日本在住の18歳以上の方。また各ラップ終了時に、パット・シモンズ(ウイリアムズ チーフテクニカルオフィサー)による解説動画を視聴できる。

各ラップの上位入賞者にはウイリアムズ関連グッズが贈られるほか、各国の総合優勝者をイギリス・オックスフォードにあるウイリアムズ・レーシング本社の見学ツアーへ招待する。工場の視察だけでなく、ホイール組み立てや塗装加工、ビス作りなどの各セクションのメカニックマンと交流できる機会となるという。

応募受付は2016年11月1日〜21日。ファーストラップ:11月1日(火)〜7日(月)、セカンドラップ:11月8日(火)〜14日(月)、サードラップ:11月15日(火)〜21日(月)だが、期間中、どの時点からでも参加が可能。

賞品はファーストラップでウイリアムズ・レーシング オリジナルダッフルバッグとキャップのセット(上位3名)、セカンドラップでは、ウイリアムズ・レーシング オリジナルジャケット、T シャツ、キャップのセット(上位3名)、そしてサードラップではF1日本グランプリ2017のペア観戦チケット(上位1名)となる。さらにはグランド・ファイナルとしてウイリアムズ・レーシング英国本社および工場へのご招待(優勝者1名様、時期未定)となる。

【詳しくはこちら】

エンジニア・チャレンジ powered by randstad
www.randstadengineeringchallenge.com)※11 月 1 日オープン予定

問い合わせ先: エンジニア・チャレンジチーム
engineer.challenge@randstad.co.jp