テスラモーターズが10月28日、買収交渉中のソーラーシティ社と共同で、屋根用タイルと一体化した太陽光発電用の「ソーラールーフ」を発表しました。

1

ガラスタイルと太陽電池で構成された屋根素材で、発電効率を落とさずに、外観からは太陽光パネルだと判らないデザインに仕上がっています。

米ニューヨーク州の新工場で生産、来夏に米国で出荷を始めるそうで、米国の屋根市場で数年内にシェア5%を目指すそうです。

また、テスラは「ソーラールーフ」とセットで提案する家庭用の壁掛け型蓄電池「パワーウォール2」と、大容量「パワーパック」のニューモデルを併せて発表しました。

「パワーウォール2」は、1基あたり税込み61.7万円〜(14kWh)。インバーターを一体化することで競合他社製品の半額以下に抑えています(設置費用とハードウェア11.2万円を含み総額72.9万円)。

こちらは既に日本でもWebサイトで予約を開始しており、来年以降の納品を予定しているそうです。

テスラモーターズのイーロン・マスクCEOは今年6月、自身が会長を務め、いとこのリンドン・ライブ氏がCEOを務める太陽光発電ベンチャー、ソーラーシティ社に対して買収提案を実施。

ソーラーシティ社は11月17日に株主総会を開き、テスラによる買収を受け入れるかどうかを決めるそうで、新聞報道によると、マスクCEOは「買収が遅れれば製品開発に遅れが出る」と株主にアピールしている模様。

ソーラーシティの買収が実現すれば、「ソーラールーフ」で発電して「パワーウォール」に蓄電、「EV」がその電力を使うという循環構造が出来上がり、マスクCEOがかねてから目指している「化石燃料からの脱却」と「持続可能エネルギー」へのシフトが加速するというわけです。

Avanti Yasunori・画像:TESLA)

【関連記事】

米・テスラが自社のEVに完全自動運転のためのAIを搭載か?
http://clicccar.com/2016/10/27/411560/

イーロン・マスクCEOが先進的な「新事業計画」をブログで公開!
http://clicccar.com/2016/07/23/387813/

テスラが格安「家庭用蓄電池」を開発、8月に販売開始か?
http://clicccar.com/2015/07/17/317738/

【関連リンク】

テスラモーターズ ジャパン
https://www.tesla.com/jp/

テスラ パワーウォール
https://www.tesla.com/jp/powerwall

ソーラーパネルが不要!? テスラが「発電する屋根材」を開発(http://clicccar.com/2016/11/01/412798/)