ホンダが年末に米国に投入予定のFCV(燃料電池車)「クラリティ フューエル セル」が、EPA(米国環境保護庁)による評価で航続距離366マイル(約589km)を達成したそうです。

1

テスラ「モデルS P100D」は315マイル(約507km)、トヨタ「MIRAI」は312マイル(約502km)となっており、ホンダによれば米国で販売されている電動車の中で最高の航続距離としています。

「クラリティ フューエル セル」ではFCスタック(燃料電池本体)をV6エンジン並みにコンパクト化することでエンジンルーム内に搭載、5名がゆったりと乗車できるキャビンを実現しているのが特徴です。

同社は水素ステーション数が多いカリフォルニア州で年内にリース販売(500ドル/月)を予定しており、燃料となる水素は無償提供されるようです。

2017年には同モデルのシリーズ車として、PHVやピュアEVが追加される模様で、2050年を目処に、CO2企業総排出量50%減を目指すホンダの今後の電動化戦略が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダがFCV「クラリティ」で目指したのは「普通に使えるクルマ」
http://clicccar.com/2016/03/15/360079/

ホンダが燃料電池車「クラリティ フューエル セル 」を発売開始!
http://clicccar.com/2016/03/10/359529/

ホンダから「FCV」登場、温室効果ガス削減に寄与!
http://clicccar.com/2015/12/04/341690/

「COP21」温室効果ガス削減に向けてFCVへの期待上昇!
http://clicccar.com/2015/12/03/341748/

電通の調査で「FCV」が2016年有望商品ランキング首位に!
http://clicccar.com/2015/11/30/341334/

【関連リンク】

Honda Clarity
https://automobiles.honda.com/clarity

EPA(Environmental Protection Agency)
https://www.epa.gov/fuel-economy

ホンダのFCV「クラリティ フューエル セル」がEPA評価で航続距離589kmを達成!(http://clicccar.com/2016/11/01/412905/)