「Thinkstock」より

写真拡大

●家計はどんどん変わっている デジタル関係費の膨らみが大きい

 かれこれ20年以上、ファイナンシャルプランナーとして一般の方々の家計を拝見しているが、家計のあり方はどんどん変化している。だから親の世代の「節約テクニック」「貯金の知恵」は、もう役に立たなくなりつつある。

 ここ20年間、日本の物価水準はあまり変わっていない。ところが、収入が同じでも生活はむしろ苦しくなった感がある。

 というのは、デジタル関係費がどんどんかさむようになったからだ。インターネットが登場する前は、家庭の通信関係費は固定電話と郵便切手代くらいで、一家庭で毎月3000〜4000円くらいだった。その後ネットが普及し、家庭でも回線料金とプロバイダー料金を毎月数千円払うことになる。携帯電話を持つようになると、家族4人の合計料金が数万円になり、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)がスマートフォン(スマホ)に変わると、通信料はさらに増えた。

 通信料だけじゃない。パソコンやスマホは定期的に買い換える。アクセサリやソフトウェア、アプリ、コンテンツを購入し、音楽や映像など各種有料サービスを利用するようになる。

 ひとり暮らしの例で考えてみよう。

・パソコンのネット利用料:月5000円
・スマホの通信料:月7000円

 これだけで、すでに1万2000円だ。これに加えて、次の出費がある 

・パソコン:約10万円のものを4年に1度買い替える(月2083円)
・スマホ:約7万円のものを3年に1度買い換える(月1944円)
・アプリやコンテンツ、ゲーム代:月1000円
・音楽配信サービス:月1000円
・映像配信サービス:月1000円    
・通信販売のプレミアム会員:月300円

 以上はデジタル費の出費が控えめなユーザーの例だが、これでも月当たり約2万円、年24万円。20年前より月1万7000円、年20万円以上も出費が増えていることになる。

 現実には、これにタブレットやスマートウォッチ、アクセサリなども加わる。夫婦では年30万円、家族で年50万円以上の出費増。少ない昇給では生活が年々苦しくなるはずだ。

●デジタル費をどう節約するかが、これからの家計のテーマ

 デジタル費はこれから、ますます増えて家計を圧迫することになりそうだ。そのままにしておくと貯金ができず、借金がふくらむことになる。それを避けるためデジタル費をどう節約するかがこれからの大きなテーマだ。

 第一歩は、「自分がいくら使っているか」を知ること。上にあげた項目に自分がいくら使っているかを、ざっと洗い出してみよう。ひとり暮らしなら自分の分だけでいいが、家族持ちなら家族全員分をチェックしておくといい。

・固定電話:月額
・自宅のネット利用料(プロバイダ含む):月額
・スマホの通信料:月額
・パソコン:約( )円のものを( )年に1度買い替え→月額換算
・スマートフォン約( )円のものを( )年に1度買い替え→月額換算
・アプリやコンテンツ、ゲーム代:月額
・音楽配信サービス:月額
・映像配信サービス:月額    
・通信販売のプレミアム会員:月額
・合計:月額×12=年額  

 さて、あなたの年額はいくら? 金額の大きさに驚かれたのではないだろうか。仕事やライフスタイルにもよるが、デジタル関係費は多くても手取り収入の5%以下に抑えたいところ。月収25万円の人なら、1万2500円以下が理想。このラインをオーバーしていたら、どこをいくら削れるか、真剣に考えてみよう。

 即効性があるのは、スマホの通信料を見直すことだ。通信会社やサービスの変更、格安スマホの利用で月3000円以下にするのも不可能ではない。パソコンやスマホを長く使い、買い替え周期を1〜2年延ばすのも効果的だ。アプリやコンテンツ、ゲームの購入は慎重に。月の予算を「500円以下」などと決めるといいだろう。音楽や映像の配信サービスに年間1万円以上も払う価値があるのか、よく考えよう。利用頻度や満足度が低ければ、思い切って解約する。この作業は1回行えば終わりではなく、年に1回くらい定期的に実施することをお勧めする。

●デジタル費を捻出するための節約ポイント

 デジタル費の膨張は、生活のいろいろなところに影響を与えている。若者がお金を使わなくなったといわれるのは、次のような項目だ。

・食費:500円以下のファストフードやコンビニ弁当で済ませるようになった
・服:ファストファッションの登場もあって、服や靴にお金をかけなくなった
・旅行:現地に行かなくてもネットで情報が得られるため、出かける必要を感じなくなった
・車:車を持つことがステータスじゃなくなり、必要なときだけレンタルする人が増えた 

 食費の節約はちょっと心配だ。節約手段として一番身近だが、方法を間違うと健康を損ねてしまう。朝食抜き、お昼は菓子パンやカップヌードルだけ、というのは早晩体を壊す。病院代がかさんだり、仕事をやめることになったら食費節約の意味がない。食費は削りすぎず、ペットボトル飲料や缶飲料、スナック菓子などを減らすと、節約効果が高くてオススメだ。

 街を歩くと、コインパーキングなどに「カーシェア」の看板をよくみかけるようになった。家計相談でも「以前は車を持っていたが、今は手放してカーシェアを使っている」と聞くことが多いが、正解だ。

 旅行は、ネット上の写真や動画を見てわかった気になっても、本当に異国に行ってそこの空気を吸い、現地の人と交わる経験にはまったくかなわない。旅行は体の中に化学変化を起こしてくれる貴重な体験だ。この経験のための費用は削りたくない。

 社会が変わると家計も変わる。今はどんどん変わっている。増えるところを増やしすぎない、増えた分はどこかを減らすことで健全さを保ち、将来のための貯金をきちんと続けていくことが大切だ。

 実は、上にあげた以外にも節約できる項目がある。効果的なのは、毎月決まって出ていくお金を見直すことだが、これについては次回以降お話ししよう。
(文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー)