29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本では築20年でも賃貸物件が超きれいだと紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年10月29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本では築20年でも賃貸物件が超きれいだと紹介する記事を掲載した。

記事は、日本の賃貸物件はとにかくきれいだと紹介。その理由として、入居者が退去後に大家はフローリングや壁紙を張り替えるからであり、不動産業者を通して家を見に来る時には新築のようにきれいになっているとした。

その上で、実際の賃貸物件の写真を紹介。ワンルームマンションと思われる物件は、築20年以上であるにもかかわらず、室内外共にとてもきれいである。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は確かに清潔。この点は見習うべき」
「率直に言って、自分の家だってここまできれいにはできない」
「この部屋は確かに超きれいだ。わが国の人々もこのような民度になってくれたらと願う」

「日本人の清潔好きは有名だからな。中国みたいにごみをポイ捨てすることはない」
「歴史的な要因さえなければ、日本のことを手放しで称賛できるのになあ」

「人に迷惑をかけない、他人も自分に迷惑をかけるな。日本の道徳は基本的にこの二つの上に成り立っている」
「日本人の民度は中国の平均的な民度より高いことは認めざるを得ない」

「これを見てから、痰吐きやごみをポイ捨てし、公共の場所なのに大声で話す同胞のことを思い出すと、何の言葉も出ない」
「わが国はどこに行っても汚い感じがする」(翻訳・編集/山中)