「君の名は。」V10をデスノート新作が阻止

写真拡大

10月29日より公開された映画「デスノート Light up the NEW world」が、10月29日・10月30日の2日間で4億5864万5800円、動員数34万2309人の結果となり、週末興行成績ランキング1位の好スタートを切ると共に、9週連続でトップを走っていたアニメ映画「君の名は。」のV10を阻止した。実写の日本映画が1位に立つのは10週間ぶり。

「デスノート Light up the NEW world」は全国342館にて公開され、初日の動員数は16万8317人、興行成績は2億2715万2300円。30日は17万3992人、興行成績は2億3149万3500円で、2日間の興行成績は30億円を突破した「るろうに剣心」(2012年)対比で115%、「DEATH NOTE」(2006年)との対比は113%というペースだ。

客層は10〜20代の男女を中心に、その家族や、原作ファンの30代以上男性など幅広く、男女比は4:6となっている。