写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年9月22日より全国公開され、興行収入2億円見込のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』が、Blu-ray&DVDとなって12月21日(水)に発売されることが決定した。

アカデミー賞受賞監督であるロン・ハワード監督による本作品は、『レット・イット・ビー』(1970)以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』(1996)以来21年ぶりのアップル公式作品で、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、オノ・ヨーコ、オリヴィア・ハリスンが全面協力。デビュー初期のリバプール時代から、63年に始まった15カ国90都市166公演におよぶワールドツアー、4人が最後に観客の前で演奏した66年のサンフランシスコ公演まで、ライブ映像を中心に、世界中から集めた秘蔵映像や関係者のインタビューを織り交ぜた珠玉の一作となっている。

本作品のBlu-ray&DVD発売にあたり、ロン・ハワード監督のコメントが到着。「私がまだ10歳の少年だった頃、新しいイギリスのグループをTVで初めて見て、わくわくしたことを今でもはっきりと記憶している。翌月に控えていた誕生日のプレゼントに、ビートルズのかつらが欲しいとねだったほどだ! 両親が私にビートルズのかつらをくれた時、誰が予想しただろうか。この私がはるか50年後に、ビートルズの物語を綴ることになろうとは!」と、本作品に携わったことへの喜びが語られている。

今回発売される【コレクターズ・エディション】と【スペシャル・エディション】の映像特典は、Blu-ray&DVDオリジナルの106分。「シー・ラヴズ・ユー」「ツイスト・アンド・シャウト」「キャント・バイ・ミー・ラヴ」「ユー・キャント・ドゥ・ザット」「ヘルプ!」といった5曲のライブ演奏シーン・フルバージョン(12分)をはじめ、未公開シーン、ポール・マッカートニーが歌う「愛なき世界」レア音源、本編には登場しないメンバー4人のインタビューなど貴重な映像が満載となっている。さらに【コレクターズ・エディション】には、アップル公認オリジナルTシャツ(Blu-ray:ブラック、DVD:グレー)、リンゴ・スター&ジョージ・ハリスンによる日本公演についてのコメント(1分程)が収録されたインターナショナル版本編、詳細なツアーリスト20ページ、といった日本オリジナル三大特典も封入される。

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』のBlu-ray&DVDは2016年12月21日の発売予定(発売・販売元:KADOKAWA)。【コレクターズ・エディション】はBlu-rayが9,800円(税別)で、DVDが8,800円(税別)、【スペシャル・エディション】はBlu-rayが6,800円(税別)で、DVDが5,800円(税別)、【スタンダード・エディション】はBlu-rayが4,800円(税別)で、DVDが3,800円(税別)となる。収録内容などの詳細は公式サイトにて。

(C)Apple Corps Limited. All Rights Reserved.