パナソニックがプラズマ事業の子会社を解散へ 債権5000億円を放棄

ざっくり言うと

  • パナソニックはプラズマ事業の子会社を1日付で解散すると発表した
  • 市場価格の大幅下落などを受け、プラズマ事業の継続は困難と判断
  • 同社は子会社に対する債権5000億円を放棄する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング