『インフェルノ』ポスター

写真拡大

10月28日に全国594スクリーンで公開された『インフェルノ』が、強敵『デスノート Light up the NEW world』と、9週連続1位だった『君の名は。』には適わなかったものの、週末2日間(10月29日と30日)で興収2億6603万9500円、観客動員19万3934人を記録し、洋画No.1のスタートを切ったことがわかった(全体では3位)。

[動画]『インフェルノ』予告編

公開初日の10月28日も含めた成績では興収3億5396万4100円、観客動員26万3585人となる。

本作は、 ダン・ブラウンの同名ミステリーを映画化し、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で旋風を巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作。今回、ラングドン教授が挑むのは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇(インフェルノ)>に秘められた暗号! イタリアのフィレンツェとヴェネツィア、トルコのイスタンブールなど、世界中を駆け巡り、その知性を駆使して、ボッティチェリらの数々の有名美術品や建築物から暗号を読み解きつつ、全世界を揺るがす大きな陰謀に立ち向かう姿が描かれていく。