アニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』の第4話『地底迷宮』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』(毎週月曜深夜1:05-1:35ほか)の第4話『地底迷宮』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第4話では、授業を終えた井上がテニス部の勝田雅治を意味ありげに眺めてから下校/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案に、2030年代の東京を舞台にしたオリジナルアニメ。

謎の探偵・明智小五郎(CV.小野大輔)の下に集う「少年探偵団」。ある日、団員の花崎健介(CV.逢坂良太)は「死ねない身体」となった小林芳雄(CV.山下大輝)と出会い、少年探偵団へ誘う。やがて二人の運命が、怪人二十面相(CV.GACKT)と明智の因縁と絡み合いながら、動き出していく。

【第4話『地底迷宮』】

授業を終えた井上は、テニス部の勝田雅治を意味ありげに眺めてから下校する。花崎は科学実験部の大友久と山根たすくと共に、探偵団が使用する七つ道具の試用をしていた。そんな時、横転しているパトカーが発見される。車内からは「明智君へ」と書かれたフィルムが見つかり、乗っていたはずの巡査長が消えていた。フィルムには、21時までに巡査長の居場所を突き止めなければ命の保証はないと言う二十面相の姿が映っていた…。

また、ニコニコ生放送では10月31日(月)夜10時より「TVアニメ『TRICKSTER』第1〜4話ハロウィーン一挙放送」を配信。第1話から第4話までの一挙放送と、山下大輝、逢坂良太、梅原裕一郎、増元拓也、古川慎、山谷祥生によるキャストトークが繰り広げられる。

なお第5話『蜘蛛の糸』は、TOKYO MXでは10月31日(月)深夜1時5分より放送となっている。