31日、中国メディアによると、ハロウィン直前の週末だった29、30日の両日、東京・渋谷の繁華街ではさまざまなイベントが開かれた。

写真拡大

2016年10月31日、中国メディア・騰訊によると、ハロウィン(同日)直前の週末だった29、30日の両日、東京・渋谷の繁華街ではさまざまなイベントが開かれた。翌31日には渋谷の街頭には大量のごみが散乱し、その様子をとらえた写真がネットに掲載されて議論を呼んでいる。

ネットに掲載された写真には、街路樹の植え込みにビニール袋、缶ビールの空き缶、ペットボトル、紙コップなどが無造作に捨てられた様子が映っている。歩道にもごみがあちこちに散らばり、飲み物が路面にこぼれた後が見える。コンビニエンスストアの前では、早朝にごみを片付ける外国人店員の姿も。

これに対し、ネットには「なんて皮肉な写真だ。外国人に掃除をさせて恥ずかしいと思わないのか」「いいんじゃないの。去年はもっとひどかったし、ごみを片付ける人もいなかった」「ハロウィンはいい方だ。クリスマスのがもっとひどい」「ごみを捨てるわ、酔って大声でけんかするわ、通行人を無視して歩くわ。最低だ」などの声が上がっている。(翻訳・編集/大宮)