三菱重工業が7年ぶりの最終赤字に転落 大型客船の建造などで大損失

ざっくり言うと

  • 三菱重工業は31日、4月〜9月期決算で7年ぶりの最終赤字になったと発表した
  • 大型客船の建造事業での大規模損失やMRJの開発が遅れていることが要因
  • 採算のとれる事業に資源を配分するため、社内体制の見直しを図るとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング