Doctors Me(ドクターズミー)- 《TOKIO山口達也》離婚の心労で通院か 男性が離婚により高まる健康リスク

写真拡大

2016年10月25日(火)に発売された某週刊雑誌内で、TOKIOの山口達也さんが、離婚によって弱った心身をケアするために、1年半の間通院をつづけていたことが報じられました。

2016年8月に離婚会見を開いた山口さんですが、離婚以前より通院を行っており現在は健康な状態に回復したとのことです。

今回は「男性が離婚で負う5つの健康リスク」について、医師に解説をしていただきました。

男性が女性より離婚後の健康リスクが高い理由

男性は結婚していることによって、結婚相手の女性と生活することによって規則的に比較的健康的な食事を摂るようになったり、運動をするよう勧められて行うようになったりします。

また、調子が良くないと病院へ行くことを勧められていくようになったりすることが多く、結婚していることが健康上のリスクを下げるといわれています。

そのことから、一般に、離婚して独身に戻ると、食事や生活のバランスが崩れたり、多少体調が悪くても通院を先延ばしにしたりすることが多く、健康上のリスクは高くなってしまう可能性があります。

離婚による男性の健康リスク1:心疾患


■離婚により発症する理由
ストレスや生活リズム、食事などが不規則になることが原因と考えられます。

■治療法
どのような内容の心疾患であるかによって異なりますが、お薬を飲んだり、場合によっては手術を要することもあります。

離婚による男性の健康リスク2:うつ病


■離婚により発症する理由
ストレス、孤独感などが発症の要因となるものと考えられます。

■治療法
休養及び、抗うつ薬などを中心とした服薬治療が行われることが多いと考えられます。

離婚による男性の健康リスク3:アルコール依存症


■離婚により発症する理由
寂しさや離婚に伴うストレスを和らげるために酒量が増えるということもありますが、身近で止めてくれる人がいないことが原因、という場合も考えられます。

■治療法
アルコールプログラムへの参加・専門病棟への入院や、抗酒剤、あるいは断酒会やAAへの参加などが挙げられます。

離婚による男性の健康リスク4:脳卒中


■離婚により発症する理由
食生活の影響や、人によりますが、独身だと病院へも足が遠のきやすく、何らかの前兆や基礎疾患があっても気づきにくいということはあげられます。

■治療法
お薬による治療や手術が状態に応じて行われます。

離婚による男性の健康リスク5:免疫力の低下


■離婚により発症する理由
生活が不規則になること、気持ちの落ち込みや孤独感などが影響する場合があります。

■治療法
その都度、原因に応じた抗菌薬や対症療法などを行うことになります。

結婚が健康に良い理由

幸福な結婚であれば、そばに誰かがいるということの安心感や、お互いの健康を気遣ってよく様子を観察し適切なタイミングで介入するといったことなどから、健康に良いということはいえそうです。

医師からのアドバイス

結婚にはいろいろな形があり、いがみ合っていることが多かったり、お互いに無関心な結婚であればもちろん、健康リスクの低下にはつながりません。

なかなか難しい場合もありますが、身体的な健康維持のためにも信頼できるパートナーと生活を維持していけたらよいです。

(監修:Doctors Me 医師)