松坂桃李演じる宇相吹正(左)と原作の宇相吹正(右) (C) 宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

写真拡大

松坂桃李が集英社「グランドジャンプ」にて連載中で、宮月新原作、神崎裕也漫画の同名人気コミックを実写映画化した『不能犯』で、ダークヒーローに初挑戦することがわかった。

オダギリジョーと松坂桃李が銭湯でユーモラスなやりとり

本作は、都会のど真ん中で次々と変死事件が勃発。現場では必ず黒スーツの男の姿が目撃される。男の名は宇相吹正(うそぶき・ただし)。彼こそがSNSで噂の“電話ボックスの男”だった。とある場所の電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故。そう、宇相吹の犯行はすべて“不能犯”だったというストーリー。

不能犯とは「呪い」や「洗脳」で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実証が不可能な行為。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない犯罪のこと。松坂が演じるのは、生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュなワインレッドのシャツに、黒スーツをまとい、ある特別な能力で人の心を操るこの不能犯・宇相吹役。

時おり赤く光る瞳と、人の裏の裏まで見透かしたような不敵な微笑が妖しくかつセクシー。そんな彼が死に追いやる相手は、社会の悪や人間らしい心を失くした者たち。見る者はいつの間にかアウトローの宇相吹を応援し、彼のキメゼリフ「愚かだね…人間は──」にカタルシスを覚えてしまう。

主演の松坂は、本作について「『不能犯』の作画の神崎先生の『ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-』も読んでいて、好きなタッチ、テイストで、もともと気になっていた原作でしたので、今回主人公・宇相吹を演じることになり、とても嬉しかったです」とコメント。

メガホンをとるのは『貞子VS伽椰子』の白石晃士監督。現代日本に突如として出現した不能犯のプロフェッショナル。はたしてどんな映画に仕上がるのか? 『不能犯』は2018年全国公開となる。