クルマの荷室はラゲッジ・トランクどっちが正解?

写真拡大 (全6枚)

英語由来の用語で明確な区別はない

クルマの荷物スペースについて「トランク」と言ったり、「ラゲッジ」と言ったりする。基本的にはセダンのような独立した荷室をトランクと呼ぶことが多い。しかし、ハッチバックやステーションワゴンの荷室をトランクと呼ぶケースもあり、人によって異なる専門用語といえるだろう。

なお、英語本来の意味としてはトランク(trunk)というのは「旅行用の大きな箱」を示すものである。ちなみに、日本語でいうところのトランクはアメリカ英語から来たもので、イギリス英語では「boot」という単語を使う。

ではラゲッジという言葉だが、こちらも英語由来の用語。英語での綴りはluggageとなり、意味は荷物箱やスーツケースを示す言葉だ。そして、クルマ用語でいうラゲッジというのは「ラゲッジスペース」を短縮したもので、荷物箱を置く場所という意味合いだ。

自動車メディアなどでは「トランク」より大きな荷物を積めるスペースというイメージで、「ラゲッジ(スペース)」と呼ぶとことが多く、また乗員スペースと荷室がつながっているケースにおいて「ラゲッジ(スペース)」という言葉を使うことが多いが、本来の意味からすると必ずしもラゲッジスペースという言葉がトランクの上位にきているわけではない。

ちなみに、英語では乗用車の荷室容量は「cargo volume」と表現するが、日本語でもトランク、ラゲッジ以外にカーゴスペースやコンパートメントといった呼び方があり、少なくとも和製英語的な視点からはどの呼び方が正解とはいえない。むしろ迷ったら「荷室」と日本語で表記するほうが誤解を招かないかもしれない。

とはいえ、最近登場したムーヴ・キャンバスでは荷物を置く場所として後席下に仕込んだ引き出しを利用するといった提案もあり、荷物置き場=荷室とはいえなくなっているという現実もあるから興味深い。

(文:山本晋也)