31日、環球網によると、韓国大統領の情報流出問題で渦中の人物である崔順実氏がソウル中央地方検察庁に姿を見せた。写真はソウルで開かれた市民による抗議集会。

写真拡大

2016年10月31日、環球網によると、韓国大統領の情報流出問題で渦中の人物である崔順実(チェ・スンシル)氏がソウル中央地方検察庁に姿を見せた。

朴槿恵(パク・クネ)大統領から機密文書などを受け取っていた崔氏は先月3日に海外に渡っていたが、30日朝に韓国に帰国した。31日は聴取を受けるため午後3時に出頭。現場に報道関係者300人余りが詰めかける中、黒い帽子に眼鏡、黒地のストールを身に付けた崔氏は声を詰まらせながら「国民の皆様、どうぞ許して下さい。申し訳ございません」と謝罪の言葉を口にした。報道関係者からの質問に対する返事はなかった。

検察は当初、すぐに出頭させるつもりはないとの考えを示していたが、即逮捕を求める世論に押され、計画を変更。崔氏の弁護士は「(崔氏は)検察の取り調べに積極的に協力する。ありのままの事実を話す」と説明している。(翻訳・編集/野谷)