写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティア(IDCF)は10月31日、ディープラーニングプラットフォームを構成するコンポーネントとして、GPUサーバをクラウドの時間課金からベアメタルサーバ、スーパーコンピューター並みの計算能力を発揮するシステムまでフルラインアップで提供することを発表した。

第1弾として「NVIDIA Tesla GPUアクセラレータ M40」を搭載した仮想マシンを、IDCFクラウドの最上位タイプとなる「IDCFクラウド GPU BOOSTタイプ」として、初期費用0円、1時間400円の従量料金制で11月25日より提供を開始する。

IDCFクラウド GPU BOOSTタイプは、NVIDIAのGPUアクセラレータを搭載したサーバを利用者がハードウェアのリソースを専有できるクラウド型で提供するもので、PCIバスに取り付けたGPUアクセラレータは、仮想化ソフトウェアからも利用できるパススルー方式とすることでクラウド型の仮想マシンでもGPUの高速な処理を行うことができる。

また、同社ではNVIDIAの最新世代「NVIDIA Tesla GPUアクセラレータ P100」を搭載したサービスを2017年2月から提供する予定だ。さらに、GPU搭載のベアメタルサーバを同4月、ベアメタルサーバを専用ラックへ搭載したプライベートシステムろと、利用者保有のGPUサーバの構築が可能な40kVAの電力供給と冷却能力を有する専用ラックを同6月にそれぞれ提供開始を予定している。

(辻)