これは非モテまっしぐら!! 「金のかかりそうな女」の特徴6つ

写真拡大

いかにも高そうな洋服で身を包んでいる女性を見ると、お金がかかってそうだなと感じるもの。付き合っている彼氏も大変そうだし、正直あまり男ウケはよくなさそうですよね。女性から見て、どんな人が「お金のかかりそうな女性」に見えるのでしょう?

■ブランド品で固めている

・「ブランド品をたくさん身につけている人。自分の価値をブランド品で上げているイメージがある」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ブランドもので固めている。有名ブランドのアクセサリーや服など値段が高いので、プレゼントやら何やらお金がかかりそう」(25歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

一番多かったのがこちらの意見。ブランド品で身を固めている人は、やはりそれなりにお金がかかっていそうに思えますね。それなりに有名なブランドだと、バッグひとつで月収額を平気で超えることもありますものね。

■こだわりが強い

・「食べ物や持ち物にこだわったり、自分の好みが強くある人」(27歳/その他/その他)

・「美容やファッションにこだわりがある人は毎月の自己投資額が高い」(24歳/その他/その他)

いろいろなことに対してこだわりが強い人だと、お金がかかりそうにも思えるもの。食事は高級レストランしか行かないような人であれば、なおさらかもしれませんね。

■メイクや服装が派手

・「服装・メイクが派手な女性。ブランド品や化粧品にお金を使っていそうだから」(26歳/その他/その他)

・「メイクや服、アクセサリーなどが派手な女性」(30歳/その他/その他)

メイクや服装が派手に見えると、それだけお金がかかっていそうに見えるもの。とはいえ、ブランド志向でなければ、実際それほどお金はかかっていないかもしれません。

■美容にお金をかける

・「美容にお金かける人。1人の時間が好きすぎる人」(31歳/情報・IT/その他)

・「美容院に実際にお金がかかる。パーマやカラーをするだけで万単位のお金がかかる」(34歳/その他/その他)

キレイになるために、美容にお金をかける女性も多いのでは。エステや美容院に行くだけで、すぐに数万円単位が飛んでいってしまいますものね。

■外食が多い

・「頻繁に外食や買い物をしている女性」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「料理せずに外食ばかりやブランドものばかり持ってる女性」(29歳/通信/販売職・サービス系)

いつも外食ばかりの女性も「金がかかりそう」と思われがちです。たしかに自炊に比べると何倍もお金がかかるので、そう思われてしまうのも仕方ないかも。

■流行りものが好き

・「常に流行を追っている服装をしている人」(34歳/ソフトウェア/その他)

・「ブランドものや流行りものをたくさん持っていて、外に出る時はきちんとした格好で隙がないキレイ系」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/専門職)

女性ファッションの流行は季節ごとに変わるので、その都度買い換えていると、それなりにお金がかかるもの。なるべく長く着回せそうな服を買うと、節約になりそうです。

■まとめ

女性目線から分析した「お金のかかりそうな女性」というのは、ブランドにこだわる傾向が強いようです。美しさを保つためにお金がかかるのは仕方ないですが、食費など節約できそうなところは節約するように心がけると、周りからの印象が少しずつ変わっていくかもしれないですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日〜2016年10月7日
調査人数:123人(22〜34歳の女性)