10月29日、新宿バルト9にて映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の初日舞台挨拶が行われ、出演する宮沢りえさん、オダギリジョーさん、松坂桃李さんらが出席しました。


(c)Nosh

『湯を沸かすほどの熱い愛』は、死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語です。

末期がんで余命2カ月を宣告された母を演じた宮沢さんと、その娘・杉崎花さんの演技を絶賛したオダギリさんは、「胸がいっぱいで何もしゃべれません」と言うと、宮沢さんより、「オダギリさん、ちゃんとしてください、お願いします。初日です」と、軽くしかられます。


(c)Nosh

完成した作品を初めて見たときのことを振り返り、宮沢さんは、「毎回ですけど自分の演技を手放しで喜べないたちで。ただ、やはり本当に演技って嘘の中で生きることなんだけど、共演者の人たちと、本番という嘘の枠の中で呼吸していると、枠がなくなっていって今本当の時間が流れているんじゃないかと思う、錯覚にとらわれることが本当に多くて。素敵なことでした」と、充実の表情を浮かべます。


(c)Nosh

続いて、オダギリさんは、「この作品はいいに決まっているという思いが強すぎて、見る気になれなくて。宮沢さんはじめ、素晴らしい芝居を現場で見ていたので」と話し出すと、宮沢さんは「一緒にやっていたんですよ。見ていた、とか言うのやめてください」と、また宮沢さんに突っ込まれます。


(c)Nosh

オダギリさんは、「そうですね(笑)。見ないでも十分素晴らしかったという記憶ができあがっていて……」としどろもどろになりながらも、作品のよさを一生懸命PRしていました。


(c)Nosh

一方の松坂さんも、「本当に素晴らしい作品で、観終わった後に自分が関われたことが誇りだし、本当に多くの人に届けるべきだと感じました」と熱いコメントを寄せながら「(台本の)文字だけでは全然伝わらないことが、しっかりと映像に残っているなというのはありました」と、完成度の高さについても触れます。

『湯を沸かすほどの熱い愛』は全国ロードショー中です。

【関連記事】

※ 西島秀俊、紳士スタイルで美人メダリストにレディーファースト

※ 永山絢斗からの熱いメッセージが到着「いい女になってください!」

※ ボイメンにリレーインタビュー!第2回目ゲスト「皆の元気の源・辻本達規」

※ 木村佳乃、マリー・アントワネットをイメージした金色のドレスで登場!

※ 西島秀俊、赤ちゃんをあやすシーンは「緊張した」